Comments for students/学生へのコメント

学生へのコメントを思いついたままに記載します。
学内/学外問わず、本研究室への配属に関し参考にして頂ければ幸いです。
Here, WE freely tweet some comments for all students.
WE hope all students, in not only TUT but also other University, use the comments for making a decision to select laboratory.

 

 本研究室では、 暮らしに役立つ化粧品や医薬品素材の生産や環境浄化など、微生物利用の可能性を追求しています。本研究室における研究では、何を目的としてどのような微生物を使うのかや、微生物の機能を実際の利用にどう活すかをまず考える必要があります。その上で、どのようにすれば目的とした利用を実証できるかを考えて、更に前例から学び具体的な研究手法をまた考えます。考案された研究手法を以って実験で実証し、その結果を解析・評価するために考えます。そうです。考えることが研究の中心なんです。
 皆さんの持たれている研究のイメージはどんなものでしょうか。高度な分析機器を用いた解析でしょうか? 実験台に向かってひたすらサンプリングする姿でしょうか?もちろんそういった研究もありますが、私は、研究は「研鑽を究めること」だと考えています。目に見える実験をすることよりも、内省し研究を深く見据え学びを追求することこそが研究だと考えています。本研究室の学生には「研究は頭で考えることが80%、手を動かし実験することが20%」と伝えています。考える力は社会で活きます。本研究室での研究を通して確かな考える力を身に付け、胸を張って他大学の学生と張り合える力を養ってください。
(2019年4月9日)

 We are pursuing possibilities to use microorganisms for producing of cosmetics and medicines and remediation of environment. In our laboratory, we treat researches as ‘thinking-topics’, meaning that the topics really need the thinking of what kind of strain should be used for purpose, how mechanism should be utilized for actual use, and so on. In our laboratory, the ‘thinking’ is the center of researches.
 What kind of images do you have for researches? For the research, should the high-leveled machines be used for research and/or should you take a lot of samples? In fact, the researches have partially those aspects. However, we think the researches should be deep-studies, meaning that the most important point is ‘thinking’ not but ‘just doing experiments’. For students in our laboratory, I actually teach researches are consisted of 80% ‘thinking’ and 20% ‘doing experiments’. You can use the ‘thinking’ in society after your graduation. Let’s get the power of ‘thinking’ thorough the researches. (9/Apr/2019)